インターネットサービス事業(レンタルサーバサービス)

Outbound Port 25 Blocking に関して(メール送信ができない場合)
Outbound Port25 Blockingとは、各プロバイダが迷惑メール対策としてプロバイダのメールサーバを利用しないメール送信[Port25]を拒否するというものです。
通常のメーラー設定では[Port25]を使用する設定となりますので、プロバイダにより上記設定が行われますと、メール送信が出来ない場合が出てまいります。
プロバイダーのOutbound Port25 Blockingによりメールの送信が出来ない場合、一度ご利用各プロバイダのURLをご確認下さい。

@nifty / WAKWAK / So-net / Infosphere / PLALA / BIGLOBE / DTI / ASAHIネット / ODN / DION / J-com / Yahoo BB! / OCN / HI-HO 他随時増加中です。

1.メーラーを起動→メニューバーの「ツール」 →「アカウント」 から、「メール」タブの該当メールを選択して「プロパティ」から「サーバ」タグをクリック→「このサーバは認証が必要」にチェックを入れ、設定ボタンをクリック

プロバイダーのOutbound Port25 Blockingによりメールの送信が出来ない場合、メールアカウントのプロパティにある「詳細設定」の送信ポートの番号を"25"から”587”に変更して頂きます。
(※画面はOutlook Express6の物です)

Outlook Expewssを起動→メニューバーの「ツール」 →「アカウント」 から、「メール」タブの該当メールを選択して「プロパティ」から「サーバ」タグをクリックします。
送信メールサーバ項目の、「このサーバは認証が必要」にチェックを入れ、「設定」ボタンをクリックします。
2.「受信メールサーバと同じ設定を使用する」の選択を確認→OKボタンをクリック

ログオン情報で、受信メールサーバと同じ設定を利用するが選択されているのを確認できましたら、OKボタンをクリックします。
3.詳細設定タブをクリック→送信メールを25から587へと変更→OKボタンをクリック

先程の画面へと戻りますので、「詳細設定」タブをクリックします。
サーバのポート番号の、送信メール(SMTP)の「25」を「587」へと変更を行います。(半角英数)
後はそのままで構いません。OKボタンをクリックします。
4.閉じるボタンをクリック→完了

最後に閉じるボタンをクリックして完了です。